blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloud 2016/04/03~2016/04/09広告収入&アプリ広告とアプリ内課金の収益性の違いについて

   

appC cloudの2016/04/03~2016/04/09の広告収入結果です。

釣りメジャー』 ダウンロード数:6083
リワード広告(ユーザー報酬還元型広告)の結果です。

キャプチャ

クリック数は12回。
成果数は2回。
報酬合計は26円。
1回あたりの報酬合計は13円でした。

キャプチャ

現在までの報酬合計は14788円になりました。

さて、4月からappCcloudは新しく「アイテムSTORE」として生まれ変わります

キャプチャ

http://item-store.net/

4/11現在、まだ新サービスの登録は始まっておりませんが、登録が始まり次第、新サービスのレビューをしていきたいと思っています。

アイテムSTOREは、アプリに簡単にアイテム課金を導入できるサービスです。

アプリ内広告による収益は、インストール数が少ないアプリでは思うように収益を上げることができません。
プロモーションに多くの予算をかけられる大手アプリに対し、個人開発のアプリは絶対的に不利な立場にあります。

しかし、アプリ内課金はインストール数が少なくてもコアユーザーを掴むことで収益を伸ばすことができます

全体の1割のコアユーザーが、収益の8~9割を支えていると言われています。

store_02

store_03

アプリ内課金を実装するには多くの時間がかかりますが、
アイテムSTOREを利用するとほんの少しのコードでアイテム課金を実装できます。

また、アイテム課金実装後にアイテムを追加したいとき、一般的にはアプリのアップデートが必要になりますが、アイテムSTOREをでは管理画面からリアルタイムにアイテムを登録することができます。

キャプチャ

アイテム課金を実装する際には、アイテムSTOREの導入を検討することをおすすめします。

appC cloud

最初の「いいね!」をお願いします。

 - appC cloud