blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloud 2015/01/31~2016/02/06広告収入&CPI広告について

   

appC cloudの2016/01/31~2016/02/06の広告収入結果です。

釣りメジャー』 ダウンロード数:6077
リワード広告(ユーザー報酬還元型広告)の結果です。

キャプチャ

クリック数は26回。
成果数は4回。
報酬合計は34円。
1成果あたりの報酬は8.5円でした。

キャプチャ

現在までの報酬合計は14215円になりました。

今回はappC cloudのCPI広告についてご紹介します。

CPI広告とは、広告として表示されたアプリのインストール数に応じて報酬が発生する広告です。
クリック型広告と比べて、1成果あたりの報酬額が高いことが特徴です。

cpi_top

appC cloudでは、多数のCPI広告が用意されています。

merit1_img_12

自由にデザインを変えられる広告です。
広告ソート・ランダム表示・フィルタリングができ、アプリにマッチした広告のみを配信することもできます。

merit1_img_01

アプリ上の「おすすめアプリ」ボタンなどから、広告リストを表示できる広告です。
広告を並び替えたり、自社広告を表示させたり、デザインテンプレートを切り替えたりといった多彩なカスタマイズが可能です。

merit1_img_02

アプリの終了時などに表示させることができる全画面広告です。
インパクトが強く、高いクリック率を期待できます。

merit1_img_14

多数のアイコンを横一列に並べて表示する広告タイプです。
横スワイプに対応しており、バナー広告を同じ専有面積で多くのアプリを表示できます。

merit1_img_13

シンプルから発展したタイプで、一定周期でアイコンがリフレッシュし変更されます。
横画面時は、表示位置を「左、中、右」で指定可能です。

merit1_img_03

全画面表示の広告タイプの一種で、漫画でアプリを紹介します。
アプリのコンテンツの1つとして設置できます。

ダウンロード数の少ないアプリでも、広告表示を工夫することで収益性を上げることができます。
ぜひアプリに合った広告を見つけてみてください。

appcCloud

最初の「いいね!」をお願いします。

 - appC cloud