blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloud 2015/09/06~09/12 広告収入結果とHTML5とJavaScritptでのアプリ制作・収益化について

      2015/09/20

appC cloudの2015/09/06~09/12の広告収入結果です。

『釣りメジャー』 ダウンロード数:5903
リワード広告(ユーザー報酬還元型広告)の結果です。

キャプチャ

クリック数は35回。
成果数は4回。
報酬合計は141円。
1成果あたりの報酬は35.25円でした。

キャプチャ

現在までの報酬合計は10517円になりました!

さて、今回はHTML5とJavaScritptでのアプリ制作とその収益化についてご紹介します。
Androidアプリを制作するにはJavaの知識が必要になりますが、
Monacaというサービスを使うと、HTML5とJavaScritptの知識でiOS・Android両方に対応したアプリを制作することができます。

キャプチャ

Web制作者でも新しい知識の習得なしにアプリを制作することができます。
appC cloudはmonacaに対応した広告を配信しているので、アプリの収益化も簡単です。

キャプチャ

詳しい実装チュートリアルも用意されています。
monaca実装チュートリアル

もしプログラミング未経験の人に「プログラミングを勉強しようと思うんだけど、言語は何がいいかな?」と相談されたら、私は迷わずJavaScriptをおすすめします。

JavaScriptの知識があれば、ホームページ上で動作するプログラムの制作や
iOS・Android両方に対応したアプリの制作ができたり、
Googleドキュメント・スプレッドシート・フォームを操作するGoogleAppsScriptも扱えるようになります。
illustratorやphotoshopのアクションでは記録できない少し複雑な処理も、スクリプトを使って自動化できるようになります。
役に立つ場面が多いので、プログラミングって便利で楽しいなと感じられるのではと思います。

簡単な計算アプリでも十分に収益を上げることは可能です。
私が制作した『釣り単位変換』は、釣りで使う糸やオモリの各サイズを、ポンドやグラム単位に変換する簡単な計算アプリですが、
月2500円ほどの収益を上げています。

device-2015-01-17-155503

プログラミングの勉強は、少しでも収益があるとモチベーションがあがります(私がそうでした)。
Monacaを使って簡単なアプリ制作をしながら、
HTML5・JavaScriptのスキルを身に付け、
appC cloudでアプリを収益化してモチベーションを高めるなど、自分なりにモチベーションを保ちやすい勉強法を工夫したいと思います。

appC cloud

1人の方が「いいね!」と評価しています。

 - appC cloud