blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloud 2015/05/10~05/16 広告収入結果とデベロッパーズインタビューについて

   

appC cloudの2015/05/10~05/16の広告収入結果です。

『釣りメジャー』 ダウンロード数:5364
リワード広告(ユーザー報酬還元型広告)の結果です。
キャプチャ

クリック数は76回。
成果数は10回。
報酬合計は258円。
1成果あたりの報酬は25.8円でした。

キャプチャ

現在までの報酬合計は6259円になりました。

さて、今日はappC cloudのデベロッパーズインタビュー記事を読んで、なるほどなぁと思ったのでご紹介します。

YouTeacher株式会社 布和 賀什格(ふわ はしが)さん 『教育者としてアプリは可能性を感じる。』

ご出身が内モンゴルで、故郷の教育レベルの質を上げるという志を持って来日されたそうです。
教材や教育関連の情報の不足を補うためにオンライン学習システムを立ち上げ、その中の一部の教材としてアプリを開発されています。

アプリ開発の塾も開かれているそうなんですが、そこで真面目にプログラムをゼロからしっかりと勉強したいという方に向けたメッセージが印象深かったのでご紹介します。

— (略)アプリ開発のうえで何かコツやポイントはありますか?

布和 自分が今、塾も開いてるんですよ。少人数で何人か集めてアプリ開発を教えてるんですね。そこで凄い真面目にプログラムをゼロから勉強したい方いるんですけど、それだったら2、3年かかりますよと。2、3年勉強したらその時また新しいものが出ちゃうから追いつかない。だから既存のもの、例えばWebの中に公開されてるオープンソースが沢山あって、それを活用すれば難しいものでもあっという間に作れちゃう。それを思う存分活用した方が良い。

— ゼロから学びたいという方の気持ちも分かるのですが(笑)布和さんはあまりそこに囚われないですか?

布和 囚われないし、現実的にゼロからやるのは無理だと思うんですね。最新のものは何が出来てるんだろう、その上で他にどこにも無ければ自分で考えてそのぶん付け足すと。多分何でもそういった発想でやった方が良いと思います。

プログラミングをゼロからしっかりと勉強していると、その間に新しい技術がどんどん開発されていつまでも追いつけなくなってしまうので、既存のオープンソースなどをできるだけ活用して、その上に自分で考えた何かを付け足していきましょう』ということなのですが、私も全くその通りだと思います。

appC cloudには、無料で使用できる多くのサービス(アプリ内課金・プッシュ通知など)があります。
これらを積極的に活用することで、自分にしかできないことや自分が本当にやりたいことに集中していきたいですね。

appC cloudはこちら

2人の方が「いいね!」と評価しています。

 - appC cloud