blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloud 2015/05/03~05/09 広告収入結果とアプリ内課金について

      2015/05/24

appC cloudの2015/05/03~05/09の広告収入結果です。

『釣りメジャー』 ダウンロード数:5341
リワード広告(ユーザー報酬還元型広告)の結果です。
キャプチャ
クリック数は60回。
成果数は12回。
報酬合計は259円。
1成果あたりの報酬は21.6円でした。

キャプチャ
現在までの報酬合計は6030円になりました。

さて、前回はappCcloudの無料プッシュ通知サービスをご紹介しましたが、今回は『アイテムSTORE』をご紹介します。

キャプチャ

アプリで収入を得る方法はクリック型(CPC)広告やインストール成果報酬型(CPI)広告などを貼る方法が一般的ですが、これらはアプリのインストール数や起動数に収入が大きく依存されるため、インストール数が少ないアプリは不利です。

対して、アプリ内課金は必ずしもインストール数に依存しません。
「全体の1割のコアユーザーが、収益の8~9割を支えている」というのは有名な話です。

そんなアプリ内課金を10分以内で実装できてしまうサービスがappCcloudの『アイテムSTORE』です。

↓実装方法のチュートリアルも用意されていますので、すんなり実装できます。

こちらのサービスを使うメリットは実装が簡単なことと、アイテムを追加する度にアプリをアップデートする必要がないということです。
キャプチャ
appCcloudの管理画面で課金アイテムの管理ができ、リアルタイムでアプリに反映させることができます。

実装がややこしいために敬遠されがちなアプリ内課金ですが、このようなサービスを利用すれば気軽にアイテム課金を実装できますね。

appCcloudはこちら

1人の方が「いいね!」と評価しています。

 - appC cloud