blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

appC cloudリワード広告アプリ内サービスタイプ追加と広告収入結果(2014.12.18~2014.12.24)

   

12/23にアプリ『釣りメジャー』に新機能(ペットボトル以外でも魚の長さを計測できる機能)を追加しました。

新機能を使うにはアプリをアップグレードしなければならないのですが、
appC cloudの『リワード広告 アプリ内サービスタイプ』を使って、
アプリを無料でアップグレードできるようにしてみました。

キャプチャ

↑このように他のアプリをインストール&起動することで、アプリを無料でアップグレードすることができます。

表示されたアプリをインストール&起動後、『釣りメジャー』の画面に戻ると、
thankyou

↑新機能を使用できるようになります。

有料アプリやアプリ内課金は、ユーザーにとってハードルが高いと思うのですが、
個人でアプリを開発する側から見てもかなりハードルが高いです。
というのも、Androidで有料アプリやアプリ内課金をするには、開発者の住所の表示が義務付けされているのです。

Googleが有料アプリ開発者に対し所在地の開示を義務づけ、9月30日から

なので、appC cloudの『リワード広告 アプリ内サービスタイプ』を導入してアプリを無料でアップグレードできるようにするのは、
ユーザー側にも開発者側にもメリットが大きいのではないかなと思います。

さて、今週(2014.12.18~2014.12.24)のappC cloudの広告の収入は・・・

キャプチャ

内訳は
タイヤインチアップ&ホイールオフセット計算』(ダウンロード数1645)のタグ広告が163円、
釣りメジャー』(ダウンロード数3072)のリワード広告アプリ内サービスタイプが73円でした。

釣りメジャーの広告は昨日導入したばかりなので、これからどのような結果になるか楽しみです。

5人の方が「いいね!」と評価しています。

 - appC cloud