blog.erikori.com

Androidアプリを制作しています。

*

androidアプリにappC cloudの広告を導入 (3)SDKダウンロード~設置まで

      2014/12/07

関連する記事
androidアプリにappC cloudの広告を導入 (1)新規登録
androidアプリにappC cloudの広告を導入 (2)アプリ登録
(3)SDKダウンロード~設置まで
androidアプリにappC cloudの広告を導入 (番外)カットイン広告(画面全体に表示される広告)が×ボタンで終了されない件

今回はSDKをダウンロードして、アプリに組み込んでみます。

↓appC cloudにログイン後、上のメニューから『SDKダウンロード』をクリック。
キャプチャ7

↓『Android』を選んでダウンロード。
キャプチャ8

ダウンロードしたファイルを解凍し、中にある『appc_cloud_2.2.0.jar』をプロジェクトのlibsフォルダへコピーして貼り付けます。
キャプチャ9

※libsフォルダにandroid-support-v4.jarが存在しなければ設置します。(設置方法はappC cloud管理画面の『チュートリアル』→『AndroidSDK』→『Google Play servicesの適用』を参照。)

次にAndroidManifest.xmlの設定ですが、appC cloudの管理画面でひな形を作成できるので、それを使用します。

↓『ダッシュボード』の『アプリ詳細設定』をクリックして『AndroidManifest設定』をクリック。その下の必要な機能(プッシュ通知や課金アイテム)をチェック。今回は広告のみを使用するので、デフォルトのままにしました。

キャプチャ10

表示されたAndroidManifest.xmlをコピーして、プロジェクトに貼り付ける。
※実際はマージソフト(WinMergeとか)を使って既存のAndroidManifest.xmlに追加していくのがいいと思います。

↓今回追加したパーミッションはこちら。

<uses-permission android:name=”android.permission.INTERNET” />

↓そして追加したメタデータ。

<meta-data
android:name=”appc_media_key”
android:value=”メディアキー” />

<meta-data android:name=”com.google.android.gms.version”
android:value=”@integer/google_play_services_version” />

↓追加したアクティビティ。

<activity
android:name=”net.app_c.cloud.sdk.AppCAdActivity”
android:configChanges=”fontScale|keyboard|keyboardHidden|locale|mnc|mcc|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|touchscreen”
android:screenOrientation=”portrait”
android:theme=”@android:style/Theme.NoTitleBar” ></activity>

<activity
android:name=”net.app_c.cloud.sdk.AppCRecoveryActivity”
android:configChanges=”fontScale|keyboard|keyboardHidden|locale|mnc|mcc|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|touchscreen”
android:screenOrientation=”portrait”
android:theme=”@android:style/Theme.NoTitleBar” ></activity>

<activity
android:name=”net.app_c.cloud.sdk.AppCAgreementActivity”
android:configChanges=”fontScale|keyboard|keyboardHidden|locale|mnc|mcc|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|touchscreen”
android:screenOrientation=”portrait”
android:theme=”@android:style/Theme.NoTitleBar” ></activity>

↓追加したレシーバとインテントフィルタ。

<receiver
android:name=”net.app_c.cloud.sdk.AppCPkgReceiver”
android:enabled=”true”
android:exported=”false”
android:label=”BootStrap” >

<intent-filter>
<action android:name=”android.intent.action.PACKAGE_ADDED” />
<data android:scheme=”package” ></data>
</intent-filter>
</receiver>

<!– AppC Core Setting Start –>と<!– AppC Core Setting End –>で囲まれた部分を注意深く追加していけばOKと思います。

あとはappC cloudのチュートリアルに従って、簡単に広告をアプリに組み込むことができます。

5人の方が「いいね!」と評価しています。

 - appC cloud